採用されやすい面接での受け答え

看護師として希望する部所・科で活躍したい場合には、求人情報から応募し、面接を受けることになります。

採用されるためには、面接官に対し、印象良く・聞かれた質問にしっかり応えることが最も大切なことの1つです。

面接時には、履歴書・職務経歴書を持参し、スーツ着用で身なりも印象良く見せます。

転職を考えている看護師の方も非常に多く、看護師の転職時の面接の際に必ず聞かれる質問内容というものも存在し、1つ1つ、丁寧に分かりやすく簡潔に応えるのがポイントです。

例えば、この病院を希望した理由について聞かれた場合を想定し、予め面接を受ける医療機関の情報をホームページやパンフレットなどで収集しておき、インフォームドコンセプトをはじめ、充実した設備がある・地域医療に特化しているなど、自分自身が惹かれた理由を回答します。

さらに転職希望者にとって質問される項目の1つが、なぜ転職を考えているのか、という質問です。

転職理由で多いのが、人間関係について・夜勤などの勤務など、前向きではない理由が多いのですが、採用されるための答えとしては、転職をネガティブと捉えず、自分を見直す新しいチャンスとして話すのが望ましく、特定のスキルや資格を取得する目標として転職を希望しているなどの回答が印象良く見えます。

さらに答えるだけではなく、積極的に質問した方が良い内容というものもあり、例えば、入職したらどんなことに携われるのか・病院の取り組みについてなど、仕事に対する意欲がある内容が挙げられます。

入職したらどういう看護をしたいかなど、積極的に話すことで仕事に対する熱心さが採用担当者にしっかり伝わり、印象深く見せることができます。

逆に、質問しない方が良い内容としては、条件だけで判断していると思われがちな給与や待遇などの条件に関係する質問で、こうした情報を参考にすることで面接もラクな気持ちで受けることができます。